XXハンターは何故流行ったのか

こんにちは。千葉です。

 

 

 

さて、今回はニコニコに動画に転載されて話題になっている大物Youtuber、『XXハンター』について書いていこうと思います。

 

 

まず、XXハンターとは何なのか、という方に軽く説明をしますと、

・典型的なキッズプレイヤー

YouTubeにてモンハン生放送をしていた

・多数の迷惑行為を行っていた

というような人物でした。自称中学生。

 

 

その彼が何故流行ったのか。

それは、今までに起こった日本のインターネットでの炎上を振り返ると見えてきます。

 

 

炎上例その1.唐澤貴洋 長谷川亮太

「インターネットに強い弁護士」「チンフェ」の愛称で日本人に愛されている(?)彼ら。

彼らは2ちゃんねるでの炎上により、一躍ネットの晒し者になりました。

 

詳細は下記を参照ください。

長谷川亮太→https://sonshi.xyz/wiki/長谷川亮太

唐澤貴洋→https://sonshi.xyz/wiki/唐澤貴洋

 

大雑把に纏めますと、彼らが炎上したのは

『煽りや誹謗中傷等を繰り返し迷惑をかけ続けた』為、2ちゃんねらーの怒りが爆発した事が原因です。

 

唐澤貴洋は誹謗中傷をした訳では無いのですが、長谷川亮太の味方という立場や、他にもツッコミどころさん!?の多い人物だったためついでに炎上しました。仕方ないね。

 

炎上例その2. バカッター

これはそのままですね。

f:id:Chibasan0829:20170603215542j:image

こんな感じに見るからに非難されそうな行為を、『調子に乗って』Twitterに投稿して炎上しました。

 

この他にも炎上したものは数え切れない程沢山あります。

 

また、話題になったものなら

ピネガキ 瞬殺のコルバルト 等があります。

この2つは「キッズが調子にのっていたため」炎上(?)しました。

 

 

ここまで炎上を振り返りました。

これらのことから、日本人は『調子に乗って他人に迷惑をかける人間(キッズ)を徹底的に炎上させる』という事が分かります。

 

ここでXXハンターくんを見てみましょう。

 

はい、炎上する条件にとても合致していますね。

 

 

更に、今までの炎上を纏めると、日本人は『調子に乗っている人間が制裁を下されるのを見るのが好き』な傾向にあります。

 

その面についても、淫夢厨にボッコボコにされたXXハンターくんは完備していました。

 

そりゃ炎上もしますね。

一生ネットの晒し者はなかなか、辛いねんな。

 

 

 

みんなも炎上には気を付けて楽しくインターネットを使おう!

 

 

 

P.S.XXハンター正直面白いから見てください