肺 気 胸 ガ イ ジ

みなさんこんにちはこんばんは。千葉です。

 

今回はゲームの考察等ではなく日記のようなものですが、よければのんびり見てください。

 

 

さて、本日8/17日。夏休み中にも関わらず学校で講習があるという事で、渋々朝早くに起きて登校。自転車に乗ってる最中に雨が降ってくるのはほんと勘弁して欲しかったです。

 

そのまま学校で講習をのんびりと受けて、休憩時間に立ち歩こうとした時、突如左胸からズキズキと痛みが。

 

本当に突然過ぎて最初は気のせいかと思いました。が、そうではないらしい。

 

胸から背中にかけて、徐々に痛みは強くなっていき、最終的は真っ直ぐに立てないほどの痛みが僕を襲っていました。

 

痛みは非常に辛かったですが、そこは学畜たるもの、弱音などは吐けません。吐いてたけど。

 

そのまま痛みに耐え続け、3時間の講習を終えた僕。ここから一体どんな行動をしたのか。

 

 

 

そう、Twitterです。

 

手持ち無沙汰になったらTwitter

これはガイジにとって基本中の基本です。

 

 

Twitterで胸が痛い、背中が痛い、まっすぐ立てないほどの痛みがする、などなど自分の症状を書き綴っていると、フォロワーの方々が口を揃えて「肺気胸」だと言ってきました。

 

この肺気胸という病気、僕の症状と驚く程に合致していました。

f:id:Chibasan0829:20170817220733p:image

 

 

 

そして、何より目を引いたのがこの文。

f:id:Chibasan0829:20170817221127p:image

 

イケメンがなりやすい病気らしい。

 

 

 

なるほど、そういうことですか。

僕はイケメンだから肺気胸になっているんですね。納得しました。

 

イケメンだからね、仕方ないね。

 

 

 

これで肺気胸じゃなかったら笑いものだな、と思いつつ病院へ。姉が救急車呼んだ時はびっくりした。やめてほしい。ほんと。

 

 

病院で検査を受けることになり、のんびり待っているとお呼び出しが。

 

レントゲンを撮るためにズボンを履き替えてほしい、とのこと。病院って面白いなーとにこにこしていました。

 

 

そしてその後、何故か車椅子に乗せられる僕。

歩けるのに車椅子に乗るのって申し訳なくなりますよね。

 

なりませんか?なりますよね。

 

 

そのままレントゲンを撮り、診断の結果。

 

 

無事、肺気胸となりました。

病院に行ってなかったらやばかったかもです。

 

 

明日また別な病院で検査を受けるとの事で、不安と期待を胸に本日は夢の世界へ向かうとします。

 

 

 

 

 

 

某めんこのお話.newpack

皆さんこんにちはこんばんは。

千葉と申します。

 

思った事などをつらつらと書き綴っていきます。拙い文ですが良ければご覧下さい。

 

※あくまでも個人の意見です。

 

 

6月29日。

某シャドウバース、もといめんこにて新弾が追加されました。

 

その名も「ワンダーランド・ドリームス」。

 

世界観としては、おとぎ話の世界を主として作っているようですね。不思議の国のアリス、白雪姫、美女と野獣などなど。

 

これらの作品はシャドウバースが売りとしてる美麗イラストとの相性がなかなか良く、コンセプトとしてはなかなか悪くないと思います。

 

まあ、「コンセプトは」ですが。

 

 

本題に入りましょう。

 

今回のパックで何が変わったか。

 

まず最初に、新弾から登場したデッキについて調べてみることにしました。

 Twitterでぽちぽち検索をかけてみると、こんなものが。

 f:id:Chibasan0829:20170629202312j:image

 「6ターン20点」

いやアホかと。

 

その他にもこんなものが。

f:id:Chibasan0829:20170629203044j:image

先行4ターン目に

 1/2 1/2 5/5 2/1 4/4 と並んでいますね。

 

いやアホかと。ええ。アホかと。

こんな盤面を形成する事が出来るゲーム性に落胆するどころか敬意すら覚えます。

 

どうやったら1年でここまでインフレが進み、ここまでクソゲーになってしまうのか。とても不思議ですね。

クサイゲームスさんには是非ともこのようなゲームを作るコツを教えていただきたいものです。

 

 

閑話休題

新弾で何が変わったか、というお話でした。

 

上のスクショを見て分かるのは、「4ターン以前の行動の強さが極端に上がっている」ということです。

 

このゲームにおいて、特徴的なシステムとして「進化」というものがあります。

それは『後攻4ターン目』から使用可能で、盤面を取り返すのに必要不可欠なものです。

 

しかし、新弾から『先攻4ターン目以前』の動きが強化されました。これにより、速攻デッキが回った際、後攻が進化権を使っても盤面を取り返す事が非常に難しくなりました。

 

 つまり、ゲームが決まるまでの時間が物凄く早くなったという事ですね。

 

 

 即ち、『環境の高速化』。

これがWLDにおける前環境からの一番の変化と言えるでしょう。

 

そこからコントロールデッキが現れ、そのコントロールデッキをメタるデッキが現れ…というようにメタが回ればいいんです。

 

メタが回らないのが問題なんです。

 

先程も言ったように環境が高速化しています。それも、コントロールデッキで対応出来ない程に。

 

ならどうするか?この状況でそう問われたら、大多数の人間がこう答えるでしょう。

「先に相手を轢き殺せばいい」と。

殺られる前にやれ、というやつですね。

 

 

その結果、アグロデッキが蔓延。STD期を遥かに凌駕するアグロバースの完成です。

 

あとはあれですね、ヴァンパイアの新レジェンドカード。

f:id:Chibasan0829:20170702223637j:image

 こいつ。ただのガイジ。

 

ヘルス20のゲームなのになんで16点とか普通に吹き飛ばすんですか?????馬鹿なんですか?????しかも対処不能とか馬鹿なんですか??????

 

失礼、つい感情的になってしまいました。

はい、纏めます。言いたい事その1。

 

前弾:バハムートめんこ→新弾:「じゃあバハムートが出る前にゲームを終わらせよう!」

こんなクソみたいな思考でパワーカードを何枚も作るガイジ運営を許すな。

 

次。言いたい事その2です。

今回のパックはニュートラルクラスを強化するように作ったようですね。その運営の思惑は見事に成功しました。

 

結果、クラス特性が消えました。

どのクラスにもアリスが入り、どのクラスからも同じカード達が出てきます。

f:id:Chibasan0829:20170702224450p:image f:id:Chibasan0829:20170702224659p:image

 

こんな変哲の無い対戦ばかりをしてポイントを稼ぐ。これを作業と言わずしてなんと呼ぶか。僕にはさっぱり分かりません。 

 

はい、言いたい事2の結論。

7つの職があるのにその個性をわざわざ潰すような真似をするのは流石に頭おかしいとしか言いようがない。

擁護不可能。クソゲーの加速っぷりにびっくり。

 

そしてそして言いたい事3つ目。

 

何故このガイジ運営はレジェンドカードをナーフしないのか。これに尽きます。

 

例えば、海底都市王・乙姫。

f:id:Chibasan0829:20170702225748j:image

初期からオーバーパワーと言われていたカードです。しかし、場に出る乙姫親衛隊のステータスを1/1に修正していれば、対策も可能になり、バランスもまだマシになったはずです。

 

しかし、頭が湧いてる運営は何を思ったか一切の修正無し。その後のパックで全体除去を大量にばら撒き、無理やり対策させました。

 

クソカードにはクソカードをぶつける、という発想ですね。ガイジ思考きらい。死ね。

 

あとは魔将軍ヘクター。

f:id:Chibasan0829:20170702230303j:image

ネクロマンサーのパワーカード。

7t目はこれ出せば解決します。バフ、展開、除去。全てこの1枚でどうにかなってしまうんですから。

 

このような強すぎるカード、デッキの多様性を産まないカード達をしっかりナーフしていれば、今のようにはなりませんでした。

 

それをしなかったから、現状があります。

 

これが、このシャドウバースというゲームにおけるインフレの原因です。

頑なにパワーカードをナーフせず、その後のパックで更なるパワーカードを作り無理やり対策させる。小学生ですらこんな馬鹿な考えをするとは到底思えません。

 

 

 

これらを踏まえて。言いたい事4つ目です。

 

 

 

シャドウバースは正真正銘のクソゲーです。

 

こんなゲームにあなたの大切な時間を取られてはいけません。今すぐ引退して新たなる世界を求めに行きましょう。

 

もっとも、マゾなら別ですが。

 

以上です。

 

カードゲームしたいなら別なやつをしましよう。MtGとか面白いらしいですよ。個人的にはハースストーンおすすめ。

 

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。 意見等あればTwitterにリプとか下さい。

 

@Chiba_Giz

 

 7/3追記:誤字修正

 

 

XXハンターは何故流行ったのか

こんにちは。千葉です。

 

 

 

さて、今回はニコニコに動画に転載されて話題になっている大物Youtuber、『XXハンター』について書いていこうと思います。

 

 

まず、XXハンターとは何なのか、という方に軽く説明をしますと、

・典型的なキッズプレイヤー

YouTubeにてモンハン生放送をしていた

・多数の迷惑行為を行っていた

というような人物でした。自称中学生。

 

 

その彼が何故流行ったのか。

それは、今までに起こった日本のインターネットでの炎上を振り返ると見えてきます。

 

 

炎上例その1.唐澤貴洋 長谷川亮太

「インターネットに強い弁護士」「チンフェ」の愛称で日本人に愛されている(?)彼ら。

彼らは2ちゃんねるでの炎上により、一躍ネットの晒し者になりました。

 

詳細は下記を参照ください。

長谷川亮太→https://sonshi.xyz/wiki/長谷川亮太

唐澤貴洋→https://sonshi.xyz/wiki/唐澤貴洋

 

大雑把に纏めますと、彼らが炎上したのは

『煽りや誹謗中傷等を繰り返し迷惑をかけ続けた』為、2ちゃんねらーの怒りが爆発した事が原因です。

 

唐澤貴洋は誹謗中傷をした訳では無いのですが、長谷川亮太の味方という立場や、他にもツッコミどころさん!?の多い人物だったためついでに炎上しました。仕方ないね。

 

炎上例その2. バカッター

これはそのままですね。

f:id:Chibasan0829:20170603215542j:image

こんな感じに見るからに非難されそうな行為を、『調子に乗って』Twitterに投稿して炎上しました。

 

この他にも炎上したものは数え切れない程沢山あります。

 

また、話題になったものなら

ピネガキ 瞬殺のコルバルト 等があります。

この2つは「キッズが調子にのっていたため」炎上(?)しました。

 

 

ここまで炎上を振り返りました。

これらのことから、日本人は『調子に乗って他人に迷惑をかける人間(キッズ)を徹底的に炎上させる』という事が分かります。

 

ここでXXハンターくんを見てみましょう。

 

はい、炎上する条件にとても合致していますね。

 

 

更に、今までの炎上を纏めると、日本人は『調子に乗っている人間が制裁を下されるのを見るのが好き』な傾向にあります。

 

その面についても、淫夢厨にボッコボコにされたXXハンターくんは完備していました。

 

そりゃ炎上もしますね。

一生ネットの晒し者はなかなか、辛いねんな。

 

 

 

みんなも炎上には気を付けて楽しくインターネットを使おう!

 

 

 

P.S.XXハンター正直面白いから見てください

 

 

ハースストーンとシャドウバース

こんにちは。ガイジです。

ツイ禁大富豪の呪縛により身動きが取れません。悲しいなぁ。

 

今までTwitterに費やしていた時間が無くなり、その空いた時間を僕は何に使ったか。

 

その時間の使い道こそが、これから語る【ハースストーン】というゲームです。

 

 

ということで、今回は

 

ハースストーン(Hearthstone)

f:id:Chibasan0829:20170506210947j:image

 

シャドウバース(shadowverse)

f:id:Chibasan0829:20170506211004j:image

 

この二つのゲームについて語ります。

 

 

まず、どちらのタイトルも知らない、という方に軽く説明を。

この二つのゲームは、「カードゲーム」に分類されます。

対戦相手と互いにカードを出し合い、対戦するものです。遊戯王デュエルマスターズポケモンカード等がそれらに当たります。

このカードゲームをPC、又はスマホ上でプレイ出来るようにしたのがこの

【ハースストーン】【シャドウバース】です。

 

 

では、この二つのゲーム、どちらをプレイするべきか。

断言しましょう。

 

ハースストーンです。

 

それは何故か?

 

ゲーム性

運営の対応

課金へのリターン

etcetc…

全てにおいてハースストーンが上回っているからです。順を追って説明しましょう。

 

・ゲーム性 運営の対応

正直な所、シャドバはカードゲームとして成り立っていません。『本格カードゲームがスマホで楽しめちゃうの!』とはよく言ったものです。本格めんこゲームの間違いでは?と、よく思います。

 

何が言いたいか、と言うと。

シャドウバースは対戦のバランスが悪過ぎるんです。

 

HPが20しか無いのに謎に飛んでくる2点ダメージ。

7つの職があるにも関わらず使われているのはほんの一部。

強すぎる(バランスの崩壊を起こしている)カードがあるにも関わらず対応無し。

 

そりゃあ人も減りますよ。やればやるほどクソゲーっていう事を理解出来てしまうんですから。

 

 

ハースストーンはどうでしょう。

 

HPは30。多いように見えますが、多過ぎず少なすぎない絶妙な数字です。

9つの職がだいたいバランス良く使われている環境。

ゲーム性を落としてるカードはしっかりとナーフしている。

 

フルコンボだドン。夕飯はドン勝だ!

 

一応、今のハースストーンにも問題となっているデッキがあります。

そのデッキの問題点を、ハースストーンのデザイナーは「対戦相手のやる気を削ぐ」事だと指摘しています。

ゲームの事を、ユーザーの事を考えているからこその発言だと僕は思います。

 

 

 

シャドウバースはどうでしょうか。

9/10/10 除去不可能カード。

10/13/13 盤面を全て破壊。

6コス11点バーストダメージ。

 

全て対応無し。

 

いくら何でも酷すぎるでしょう。

 

インフレに次ぐインフレ、クソカードをクソカードで対策させる環境。

 

そんなゲームにゲーム性というものが存在するのでしょうか?僕には分かりかねます。

 

 

・課金へのリターン

ハースストーンには「救済タイマー」というものが存在します。

一定数パックを引くと、必ず最高のレアリティのカードを1枚は入手出来る、といったものです。

 

つまり、一定以上のリターンは保証されている訳です。

 

しかし、シャドウバースに救済タイマーは存在しません。

5000円入れたとしても最高のレアリティのカードが必ず出る訳では無いのです。

 

 

 

 

こうしてハースストーンとシャドウバースを比べて見えてくるのが、「カードゲーム」として提供しているのか、それとも「アプリケーション」として提供しているのか、の違いです。

 

カードゲームとして提供しているハースストーン。ゲーム性をしっかり調整しながら、ユーザーに楽しんでもらえるよう工夫を凝らしています。

 

カードゲームとして提供しているつもりのシャドウバース。中身はただのめんこ。もはやめんこに失礼なレベルで酷い。ユーザーに楽しんでもらう気が無いんでしょうね。

 

 

 

シャドウバースは、昔はまだマシでした。実際僕も、昔は楽しんでプレイしていました。それだけに、ここまで落ちてしまうととても残念な気持ちです。まともなバランスになってくれることを期待しています。

 

 

 

 

さて、長々と書いてしまいましたがそろそろまとめに入りたいと思います。

 

1.シャドウバースはカードゲームではない

2.皆さんもハースストーンをやりませんか?日本ユーザーが結構少ないゲームなので、同士が増えてくれたら嬉しいです。

 

以上です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホモです

ブログって言うよりはゲームの感想を書いていきたかったので作りました。つまりブログですね。暇なら見てね。